ESマウス/ウイルス開発コア

ミッション:

IRCNの研究者が使用する遺伝子組換え(改変)マウスやウイルスを迅速に供給します。その効率的な作製を支える技術として、ES細胞内の遺伝子を改変する(ゲノム編集)技術の開発も行なっています。

技術:

目的の遺伝子をマウスゲノムに挿入し作製する「ノックインマウス」の作製過程において、初期ステップとなるノックインES細胞の作製手法を大幅に改良し、多種類のノックインES細胞を同時に短期間(約1カ月)で作製する技術を確立しました。また、従来の作製手法ではES細胞からマウスを作製する過程でキメラマウスの交配を介するため、必要なマウスを得られるまでに通常1~2年を要しましたが、体の全細胞がES細胞に由来する「ESマウス」を直接作製する方法を用いること により2~3カ月のうちに多種類のノックインマウスを同時進行で作製することが可能となりました。
また、アデノ随伴ウイルス(AAV)をご希望のセロタイプで作製し、高純度に精製します。
これらの技術を駆使し、研究に必要なノックインマウス・ウイルスをいち早く研究者の元へ届けます。

コアマネージャー

鵜飼 英樹 特任准教授

支援内容説明・予約

AAVの作製
AAVの作製

精製AAVを提供します。REP/Capヴェクターをご提供いただけばご希望のセロタイプで作製いたします。
作製規模には次の2タイプがあります。
1) 中規模作製(作製タイター量 >1x10e12vg 保証付き)
2) 小規模作製(作製タイター量保証無し。通常は2.5x10e11vg 程度を提供可能です。)

プレオーダー
ノックイン/ノックアウト  ES-マウスの作製
ノックイン/ノックアウト ES-マウスの作製

ご提供いただいたターゲティングヴェクターを用いて、ノックイン/ノックアウトES-マウスを作製いたします。
ホストとなるES細胞は野生型です(C57BL/6N)。
個体内の全細胞がES細胞由来のマウス(100% ES-Mouse)ですので、交配をすることなく実験に用いていただけます。
ご希望によりターゲティングヴェクターの作製からお引き受けすることも可能ですのでお気軽にご相談ください。

プレオーダー
ES-マウスの作製に使用可能なES細胞の樹立
ES-マウスの作製に使用可能なES細胞の樹立

野生型ES細胞以外のES細胞へのターゲティングをご希望の場合、ご希望の遺伝型のマウス初期胚をご提供いただければ、ES細胞を樹立いたします。

プレオーダー
その他(ヴェクター作製など)
その他(ヴェクター作製など)

ヴェクターの作製から支援をする事なども可能です。その他、ご要望があればお気軽にお問い合わせください。

プレオーダー

開催予定のイベント一覧

現在、開催予定のイベントはございません。

申請書

手引書